ガン予防

岩盤浴の効果や効能には、がんを予防することがあると言われています。

岩盤浴は、遠赤外線の効果で身体を芯から温めてくれ、冷えは万病の元といわれるように身体を温めることはとても大事です。

がん細胞は35度以下を好み、逆に熱に弱く熱で死滅してしまうとゆうことから、岩盤浴は、がん予防できる効能があるといわれています。

人は食べ物や空気などいろんなところから有害物質を体内に取り込みますが、有害物質を汗と一緒に出すころはとても重要です。

岩盤浴には、がんを予防できるのとは他に、まだまだ計り知れない効果や効能があるのではないでしょうか?

ガンの治療としての温熱療法(狭義の温熱療法)

43℃以上に加温することで、ガン細胞は死滅します。どんな細胞でも42℃では生きていますが、43℃では死滅します。この1℃が生死を分ける境目です。ガンの温熱療法はこの43℃でガン細胞を殺す方法です。

しかしガン細胞と正常細胞とでは、加温に対して異なる反応を示します。正常細胞では、加温すると血管が拡張して、血流が増加し、熱は血流と共に流れ、こもらないようになっています。この様に正常細胞では、加熱した部分にはそれほど温度が高くなりません。

ところがガン細胞の血管は、どんどん分裂するガン細胞に栄養を取らせるため、新しい血管を作り続けます。
しかし、その血管は未熟な弱い血管ですので、この血管に温度を加えても血管は拡張せず、血流も早くなりません。ですから、加温した時にガン細胞の熱は逃げ出さず、温度が43度以上に達して最後に死滅してしまいます。これが、ガン細胞が熱に弱いというメカニズムなのです。