ラジウム効果


岩盤浴の効果や効能は、ラジウムに似たものがあります。

ラジウムとは、身近な例としては、ラジウム泉やラドン温泉があり、ラジウムは、まさしく自然界で放射能を発生する鉱物のひとつです。

ラジウム泉として有名な鳥取県の三朝温泉は、周辺地域の自然放射線被爆量は全国平均よりも高いのですが、逆にガンによる死亡率は全国平均の約半分しかありません。

三朝温泉は古くから湯治場として親しまれ、近年では大学病院による温泉治療や、温泉病院など医療的見地からもラジウム泉の効果が用いられています。

では、なぜラジウム泉が医療的な効能を持っているのでしょうか。

ラジウム泉には、ラドンという、極弱い自然放射線を出すガスの元素が含まれていて、ラドンの放射線を浴びると、体の各細胞が刺激を受け活性化をはじめ、毛細血管が拡張して新陳代謝が向上し、免疫力や自然治癒力を高めると言われています。

つまり、ホルミシス効果が、微弱放射線によってもたらされているわけです。

放射性ホルミシスの効果は、昔から私達が受けていた温泉の恵みの中にもあり、岩盤浴も、ラジウムと同様のホルミシス効果や効能があるといわれています。