汗をかくと疲労する

よく話題になることですが、汗をかくと疲れるのではないか、疲労が溜まるのではないか、と考えている人がいますが、半分正解で半分不正解です。
つまり、たくさん汗をかくような運動や労働をした場合には疲れて当然ですが、そうして身体を動かすようなこと以外でも、例えば高温サウナなどで急激に身体を温めたような場合にはとても疲れます。

また、高温サウナでは、急激に熱くなった皮膚にある温度感知装置からの汗だし指令が優先され、一気にダラダラと大粒の汗をかきます。
こうした汗には身体に有用なミネラル成分が含まれており、またそうした急激な汗だしには身体のエネルギーも消費して一時的な脱水症状にもなることから、こうした汗かきも疲れがでるのです。

それに対して良い汗を出す発汗エクササイズや岩盤浴、半身浴などでは、必要最小限の汗が効率よく出ることから、身体に大切なミネラル成分の喪失が殆どなく、汗も水に近いサラサラとしたものが出てくるので疲労感はないのです。
同じ汗をかくなら、疲れることのないサラサラした良い汗を健康的にかきたいものですね。